失敗しない滋養強壮剤の選び方

健康のためには、食生活の改善や適度の運動、良質な睡眠など生活環境全般の見直しが必要と言われます。
しかし多くの人はそうした機会がなかなか掴めず、蓄積した疲労を抱えながら
毎日を送っているのではないでしょうか。

 

そんな時のためにサプリメントを用意しておくことをお勧めします。
まず、症状の原因に併せてサプリメントを選ぶようにすること。

 

不足しがちな栄養素を補う手段としてサプリを飲む、あるいは外食が多い人やインスタント食品ばかりに頼ってると栄養バランスが乱れてきます。

 

特にビタミンB群は疲労回復に大きな役割を担っているにも関わらず、不足しがちな栄養素です。

 

女性によくある貧血は、なかなか食品から摂取できません。サプリで補って貧血からくる慢性疲労や倦怠感を改善しましょう。

 

更年期障害にはイソフラボンやザクロといったエストロゲンの減少を補う効果がある成分や、マカのようなホルモンバランスを調節する効果がある成分を摂取することで改善できます。

 

また、お酒をよく飲む人は肝臓の機能を改善するタウリンやオルニチンという成分が配合されたサプリを選ぶとよいでしょう。

 

このように自分が感じる症状に効果がある成分が配合されているかどうかをチェックすることで、滋養強壮剤を選ぶときの失敗を避けることができます。

 

滋養強壮剤のランキング

ネット通販サイト、ケンコーコムの滋養強壮剤売れ筋、第1位はツムラ漢方の
「補中益気温24包」です。「ほちゅうえっきとう」と読み、顆粒状の第2類医薬品です。虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱などに用いられる滋養強壮剤で、オウギ、ソウジュツ、ニンジン、トウキ、サイコなどの生薬の乾燥エキスが配合されています。

 

第2位は「薬用養命酒1L」。14種類の生薬成分が体質を整え、新陳代謝を改善し、血流をよくすることで疲れや体の不調を改善します。特に胃腸の疲れに効果があると言われます。価格は2,179円。

 

第3位はツムラ漢方「補中益気温64包」で、24包が2,171円に対し、64包は5,980円と1包あたりの価格が3円ほど高くなっています。
第4位は「薬用養命酒700ml」で価格が1,550円となっています。

 

第5位は八ッ目製薬の「海馬補腎丸1200丸」価格20,000円です。
動物や植物の生薬からなる滋養強壮剤で、古くから中国では強精、強壮剤の代表的な薬とされてきました。肉体疲労や虚弱体質の改善のほか、生殖機能の改善や更年期障害にも効果があるとされます。

 

タツノオトシゴ、鹿、オットセイなどの動物性生薬9主、ニンジン、トウキ、地黄などの植物性生薬10種が配合されています。