精力剤の副作用

漢方薬が薬としての認知を得たのは、そんなに昔のことではありません。
草や動物の体の一部、鉱物などが薬になるなんて、誰もが簡単に信じることができません。

 

しかし、中国などでは何千年も前からその効果を示してきています。また、西洋ではハーブという名称で植物を薬として使ってきました。

 

今では、薬用として漢方薬が認められています。しかし漢方薬でも精力剤については、あまり公に語ることができないためか、中には胡散臭い商品が多く出回っていて、その健康被害も世界中から報告されています。

 

もちろん、精力剤として効果が高い商品もたくさんあります。
選び方を間違えなければ、健康被害が回避できます。実際の効果は飲んでみなければわからないのですが、ネットの通販などで販売されている精力剤の副作用は胃腸の調子が悪くなったり、かゆみが出たりするものがありますが飲むのを止めれば治ってしまうのが殆どです。

 

しかし、持病を持っている人や薬を常用している方は、別です。
どうしても精力剤を使用したいなら、かかりつけ医に相談してください。

体質に合った漢方精力剤を選ぶ

年齢とともに衰える精力、それは誰もが避けられないことです。でも同じ年齢でも精力の差はあります。

 

男性の場合、男性ホルモンの減少が挙げられます。減少する原因としては、加齢やストレスがありますが、男性ホルモンが極端に減少する症状は「性腺機能低下症」という病気です。

 

最近の研究では、性腺機能低下症の症状として「うつ」になりやすいということが報告されています。またメタボリックシンドロームのリスクも高くなるということもわかっています。

 

性腺機能低下症はいわゆる男性の更年期障害とも言われ「体」「心」「性」の3つに影響を与えると言われています。本人は気づきにくい病気なので、周りが気づいたら受診させたり、症状に合った、ゆるやかに効果が出る漢方精力剤などを試すと改善すると言われます。