「キヨーレオピン」は1955年創業の湧永製薬の代表的な製品です。

1960年に誕生したキヨーレオピンは現在も滋養強壮剤として高い人気を誇っています。

 

成分はニンニクで、長期間かけて抽出・熟成し、濃縮して取り出した濃縮熟成ニンニク抽出液に、肝臓分解エキス、ビタミンB1およびビオチンを配合しました。ドリンクタイプで、医薬品分類では第3類医薬品に入ります。

 

ニンニク特有の刺激や臭いが少なく、服用後の口臭や体臭はほとんど気になりません。

ニンニクの効果とは

ニンニクが健康維持に効果があると言われていますが、ニンニクの何がどんなふうに良いのかきちんとわかっていますか?
滋養強壮剤にニンニクの成分が配合されているものが多いのですが、その効能などを調べてみました。

 

ニンニクの主成分は「アリシン」です。この成分には抗菌・抗酸化作用があり、体の老化を防ぐとともに免疫力の強化が期待できます。さらに血栓を溶かす働きも備わっており、動脈硬化の予防や対策にもなります。
血行不良は疲労の蓄積や身体の老化の原因となることが多いと言われているので、ニンニクの効果は滋養強壮におおいに役立っているのです。

 

また、ニンニクとビタミンBを一緒に摂ることで、滋養強壮効果がさらに高くなります。アリシンはビタミンBと併せて摂取するとアリチアミンという物質に変化。これは肝臓の働きを高め、効果的にエネルギーを産生する効果がでます。